定期預金や財形貯蓄など、強制的にでも貯蓄を行う仕組みつくりが必要です。

高収入でも貯金がなかなかできない人が陥っている思考・行動

MENU

高収入なのになかなか貯金ができない人の特徴

 

年収1,000万円近い収入を得ているにもかかわらず、全然貯金ができていないというあなた。

 

真剣に、何故貯金ができていないのか、考えた事はありますか?

 

自分が意図して行わない限り、上手く貯金はできませんので、自分の金銭感覚などをいま一度よく考えてみましょう。

 

 

まず、高年収の方は自らの高収入に安心してしまい、この安心感が貯金する計画性を奪ってしまっているのかも知れません。
そして、支払をカードで済ませていませんか?しかもリボ払いにしてしまっている場合は注意しましょう。

 

翌月あなたの口座からいくら引き落とされ、残りのリボ金額や利息でどのくらい取られているのかを理解していますか?
また、家計簿をつけていない方に限って、毎月どのくらいの支出をしているのかが理解していないケースも多いです。
いざ貯金をしようにも、どこに手を付ければ良いのかを予め知っておくべきです。

 

無駄な出費をなくす

まずは自らの現時点での貯蓄額を知り、そして支出について調べてみましょう。
調べてみると、支出の中に「ムダ」が数多くある事に分かってくるはずです。

 

カードの引き落としが向こう数ヵ月でどの位あるのか、そしてどういうところにムダがあるのかが分かります。
たまには通帳を記帳して眺めてみましょう。土日や時間外の引き出しでの手数料でどれだけ差し引かれていますか?
平日の日中に引き出す事で、このムダな手数料はすぐにでもなくす事はできますよ。

 

またムダな月額コストを継続していませんか?
見ていないWebサイトの費用や有料BS/CS放送など、減らす事のできる月額コストがきっとある筈ですよ。
これらのムダをなくす作業が、きっと楽しくなってくると思います。

 

 

高収入でも貯金がない理由としては、「高収入による油断」、「節約する事を知らない」、「贅沢・浪費癖がなかなか抜けない」という事が挙げられます。定期預金や財形貯蓄など、強制的にでも貯蓄を行う仕組みつくりが重要ですね。