平均貯蓄額より中央値の金額の方が実態に近いと言えるでしょう。

世代別の平均貯金額-統計データを基にしたまとめ

MENU

世代別の平均貯蓄額

 

飲み会の席とかでも、将来を見据えた貯金などの話題も多く挙がるかと思いますが、果たして他の方がどのくらい貯金をしているのか、興味がありますよね。
実は世代別の平均貯蓄額をまとめた情報がありますので、是非あなたの現状と照らし合わせてみてくださいね。

 

世代別の平均貯蓄額と中央値は、以下となります。

 

平均貯蓄額

中央値

20代

183万円

30万円

30代

415万円

130万円

40代

614万円

300万円

50代

1124万円

408万円

60代

1765万円

740万円

 

 

平均貯蓄額を見て愕然とされた方もいるかと思いますが、実は平均貯蓄額というのは、あまり当てになりません。
20代を見てみると、貯金が全く無いという方も4割近くおり、また1,000万円近い貯金を持っている方もいます。その平均を取っても、よく分かりませんよね。

 

という訳で、「中央値」にも注目をしてみましょう。
この中央値とは、貯蓄額を下位から並べていった時に、真ん中に来る数値の事を指します。
例えば20代の場合は中央値が30万円となっていますが、これは4割近い貯蓄ゼロの方がいる為、自ずと真ん中の数値も低いものになっています。

 

この平均貯蓄額と中央値を参考に、自分の立ち位置を把握してみるのも良いかも知れません。
ただ、単身・ファミリーにより、貯蓄額が変わってくるという事も頭に入れておくと良いでしょう。
自ずとファミリー世帯の方が、貯蓄額は高いという傾向にありますよ。

 

なお、このデータはいずれも金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」(2014年)によるものです。
他にも同様のデータを掲載している銀行や金融系情報サイト等ありますが、調査方法により誤差がある事をご承知おきください。