まずは手を伸ばせば届くところから、自分の夢を叶えてみましょう。

貯金の目的が目標を達成するコツ

MENU

【貯金の基礎】まずは貯金の目標を決めよう!

指をさす女性のバナー

 

 

あなたはどうして貯金をしようと思ったのでしょう?

 

貯金への動機がハッキリしているほど、現実的な戦略が立てやすくなりますよね。
逆に目的がないままだと目標額の設定が曖昧で、達成感もイマイチ。

 

お金を貯められる人は、貯金の基礎ができているんです!

 

 

貯金の目的を決めたら目標を立てる

 

人生の3大出費と呼ばれているものがあるのをご存知ですか?

 

老後資金

誰にでも、どんなライフスタイルを選んでも、やがては必要になる出費です。

住宅購入資金

いつかは自分の家が欲しい、そう考えている人には必要な資金です。

教育資金

その人の人生や価値観によって優先度は変わってきます。

 

この3つが人生において、最も大きな出費となる出来事だと言われています。
JBA(全国銀行協会http://www.zenginkyo.or.jp/topic/lifeplan/)が発表したそれぞれの資金の目安は、以下のようになっていました。

 

老後資金

1369万円

住宅購入資金

3562万円

教育資金

1274万円

 

この金額を見れば、貯金が人生においていかに大切かが分かりますね。
とはいえ1000万を超える金額を貯めるとなると、ピンとこないかも。
そこでまずは、達成しやすい目標を立ててみてください。

 

  • 海外旅行費用として30万円
  • 車のローンの頭金として50万円
  • 結婚資金に100万円

 

こんな感じならば身近に感じられる金額でしょう。
そしてポイントは「いつか」ではなく、「いつまでに」と期限を設けることです。
具体的であればあるほど貯金をする目標がクリアになるので、お金を貯めることが達成感に繋がるようになります。

 

 

 

貯金の具体例

 

貯金の基礎は、明確な目的と具体的な目標の2本柱を立てること。

 

たとえば「バリ島に旅行したいなぁ。」と思ったとします。
しかし、このままでは実現しません。

 

そこで、目的と目標を立ててみました。

 

目的

10か月後にバリ島へ1週間行く、費用は30万円

目標

1か月3万円ペースで貯金

 

どうですか?
なんだか現実味を帯びてきますよね。

 

貯金とは「こうなりたい自分」を叶えるための手段でもあります。
まずは手を伸ばせば届くところから、自分の夢を叶えてみましょう!
だんだん貯金が楽しくなってきますよ。

 

貯金の方法は目標によってもいろいろ選べますし、あなたに合ったお金の貯め方を経験しながら見つけていきましょう。

 

 

貯金は節約を心がけることが大切!