給料が入ったら、すぐにその月の貯金分を貯蓄用口座に入金します。

役割ごとに使い分ける口座

MENU

【方法1】給料が入ったら貯金分はすぐ別の口座に移す

 

教える人のバナー

 

あなたは自分名義の口座を幾つ持っていますか?
それらの口座は、役割ごとに使い分けていますか?

 

もし、まだ口座の使い分けをしていなかったり、銀行口座を1つしか持っていないならば是非こちらをご覧ください。貯金が苦手な人にも、シンプルな方法でお金を貯めるワザ教えます!

 

 

初級者向き、貯金専用口座を別に持つ

 

アルバイト先や会社から給料を受け取るための口座は持っていますよね。その口座だけで、カード決済や公共料金の引き落としをして、日々の生活費の引き出しもやって残ったのが貯金…なんてことになってませんか?

 

ひとつの口座ですべてを済ませるのは、手間がかからなくて良いように思われますが、実際はあまり貯金には向いていません。

 

なぜなら「まだ口座に残金があるから。」と、つい使い過ぎや無駄遣いをしやすくなります。
その「まあ、いいか。」という感覚が、お金に対して付くと思わぬ落とし穴にはまってしまうことも。

 

まずは、給料振り込みを指定されてる口座とは別の銀行に、もうひとつ口座を作りましょう。
そして、その口座に毎月の貯金分を真っ先に入金。
そしたら翌月の給料日まで、その口座の存在を自分の記憶から消去するのです。

 

そうです。
有るから使うわけで、無ければ使いたくても使えない状況を作り出せばよいのです。

 

 

 

違う銀行にする理由

 

1つの銀行だけで運用していると、万が一、その銀行に何か支障が起きた場合に現金がすぐに引き出せなくなるという可能性があります。
リスク分散という意味合いからも、口座は別々の銀行に作っておくことをお勧めします。

 

ペイオフという言葉を聞いたことはありますか?
これは銀行が破たんした時に預けてあるお金が、原則1行につき1人1000万円までしか保証されない決まりのことです。
いずれ1000万円以上のお金を持つようになった場合、心して対策を講じなければならないシステムなのです。

 

給料が振り込まれる銀行は、出し入れ自由な生活用のメインとして使い、もうひとつの口座は入金のみを目的とした使い分けをしましょう。そうすることで、お金も整理整頓ができて管理しやすくなりますよ。